標津サーモンパーク

サケの遡上が見られる標津川(しべつがわ)の河口近くに建つ、サケを観察できる池や川が整備されたサケのテーマパーク。中心となるのは、標津サーモン科学館。館内にある水族館では、世界のサケ科魚類約30種類以上を展示、サケの生態がよくわかります。

サケの生態をじっくりと観察

大水槽

注目は2〜8月はシロザケの稚魚、ヤマメ、9〜10月に標津川に回帰したシロザケ、カラフトマス、サクラマスの遡上の様子をガラス越しに見学する魚道水槽。
11月には運が良ければシロザケの産卵を観察が可能です。

さらにサケの一生を紹介する映像室や、シロザケ、カラフトマスなどが泳ぐ110キロリットルの大水槽などがあります。

川の広場では、幻の魚イトウの生態がわかる「イトウコーナー」など流水のなかで淡水魚が回遊する姿を間近で観察できるほか、標津川のウライ(捕獲施設)に架かる観覧橋ではシロザケやカラフトマスなどの遡上が見学可能(8月中旬〜11月中旬に開放されます)。

展望室は地上30mの高さから知床連山、国後島、標津川などを一望に。

隣接して標津サーモンハウスがありレストラン「サーモン亭」では標津鮭定食など標津自慢のサケ、イクラが味わえます。

川の広場

 

標津サーモンパーク DATA

名称 標津サーモンパーク/しべつさーもんぱーく
所在地 北海道標津郡標津町北1条西6-1-1
関連HP http://www.shibetsu-salmon.org/
電車・バスで JR釧路駅から阿寒バス標津行き、羅臼行きで2時間35分、標津バスターミナル下車、タクシーで5分
ドライブで 根室中標津空港から道道69号を中標津市街へ5km、左折して国道272号を18km、突当りを左折し国道244号を経由、標津川方面へ2km
駐車場 387台/無料
問い合わせ TEL:0153-82-1141/FAX:0153-82-1112

 

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!