茨散沼

江戸時代に献上鮭を出した、北海道一美味しい鮭が穫れる川が別海町を流れる西別川。その周辺には兼金沼(かねきんとう)などの三日月沼が残りますが、そのひとつが西丸別川途中の茨散沼(ばらさんとう)。国道244号からダートの茨散林道に入り、10分も走ると沼の畔に到達します。

西別川が生んだ三日月湖

沼の周辺には日本の重要湿地500に数えられる湿原も発達しますが、ただ何もないという光景が展開。
タンチョウも営巣する静かな沼は、秘沼ファンだけの秘めたる世界となっています。

茨散沼(ばらさんとう)は、アイヌ語のハラ・サン・トー(hara-san-to=広い・棚・沼)の意。
 

茨散沼 DATA

名称 茨散沼/ばらさんとう
所在地 北海道野付郡別海町本別海
関連HP http://betsukai-kanko.jp/
ドライブで 根室中標津空港から約46km
駐車場 2台/無料
問い合わせ 別海町観光協会TEL:0153-75-2111/FAX:0153-75-2497

 

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!