道の駅知床・らうす

羅臼港の入口、国道335号沿いに建つ道の駅。眼前に根室海峡、背後に羅臼岳を望み、すぐ横を羅臼川が流れます。1階には知床羅臼観光案内所があって、羅臼港から出港する観光船(夏はホエールウォッチング)の紹介や宿の案内などもしてくれます。羅臼漁業協同組合直営店・海鮮工房では自慢の海産物を販売。

注目は、羅臼漁業協同組合直営店・海鮮工房

知床が世界自然遺産に登録された最大の理由は、流氷の南限という根室海峡にプランクトンが豊富だという点。
プランクトンが豊富ということは、魚の脂のノリがいいということで、これは科学的にも立証されています。

羅臼に来たなら、ぜひとも、自慢の羅臼昆布や脂ののった魚介の購入を。
羅臼漁業協同組合直営店・海鮮工房、丸大阿部商店、舟木商店が出店し、海産物などを販売。
「羅臼昆布しょうゆ」など、羅臼漁業協同組合のオリジナルグッズも販売しています。

食事は1階の「羅臼の海味 知床食堂」で、ホッケ定食やめんめ(キンキ)定食などが味わえます。
 

道の駅知床・らうす DATA

名称 道の駅知床・らうす/みちのえきしれとこらうす
所在地 北海道目梨郡羅臼町本町361-1
関連HP http://www.rausu-town.jp/
ドライブで 根室中標津空港から約62km
駐車場 25台/無料
問い合わせ 羅臼町観光協会TEL:0153-87-3360/FAX:0153-87-4910

 

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!