オンコ公園

羅臼峠近くの幌萌にあるオンコの森。公園とはいうものの下草を刈る程度の自然公園で鹿や熊も出没。4.5haの園地に樹齢数百年というオンコ(イチイ)の大木が茂っています。周辺では先住民族の遺跡も見つかっていますが、公園ともども整備されていないので、下刈が行なわれていない場合には、熊笹に覆われていることも。

羅臼峠近くの幌萌にあるオンコの森

オンコ(イチイ)の木はアイヌ語でクネニ(ku-ne-ni=弓・になる・木)。
アイヌは、弓になる木という意味で狩猟に使う弓はオンコ(イチイ)からつくりました。

オンコは、北海道や北東北の方言です。
岐阜県飛騨地方の一位一刀彫が知られるように、光沢があって美しく加工しやすいことからさまざまに利用されてきました。

 

オンコ公園 DATA

名称 オンコ公園/おんここうえん
所在地 北海道目梨郡羅臼町幌萌町
関連HP http://www.rausu-shiretoko.com/
ドライブで 根室中標津空港から約1時間10分
駐車場 15台/無料
問い合わせ 羅臼町観光協会TEL:0153-87-3360/FAX:0153-87-4910

 

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!