オンネベツ川鮭鱒観覧施設

斜里市街からウトロへ向かう途中、国道334号沿いにあるのがオンネベツ川鮭鱒観覧施設。知床連山からオホーツク海に流れ出すオンネベツ川は通年、本支流ともに保護水面になっていて釣りは厳禁。加えて5月〜8月には河口から500m以内の海岸線では釣りは禁止。こうした保護でオンネベツ川ではカラフトマスの遡上を観察することが可能です。

カラフトマスの遡上を観察

海岸にかかる国道の遠根別橋(おんねべつばし)の横には観覧施設も用意されています。
遡上の見頃は例年8月下旬〜9月下旬。
サケ・マスの遡上シーズンに北海道をドライブしても、道内の旅行者以外は案外、サケ・マスの遡上を目にすることがありません。
川にサケ・マスが上がっていても、通り過ぎてしまうからです。

サケ・マスの遡上シーズンに、せっかく知床に来たのなら、オンネベツ川鮭鱒観覧施設と、羅臼町側の道道終点の相泊橋では、ぜひ、じっくりとカラフトマスの遡上を観察を。

ちなみに遠音別(おんねべつ)という地名は、音根別(士別市)と同じで、アイヌ語のオンネ・ペッ(onne-pet=老いた/大きい・川)の意。
 

オンネベツ川鮭鱒観覧施設 DATA

名称 オンネベツ川鮭鱒観覧施設/おんねべつがわさけますかんらんしせつ
所在地 北海道斜里郡斜里町真鯉
関連HP http://www.shiretoko.asia/
ドライブで 女満別空港から約77km
駐車場 15台/無料
問い合わせ 斜里町商工観光課TEL:0152-23-3131

 

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!