滝本菓子舗・2代目若旦那がつくる「白いプリン」に注目!

根室中標津空港から近道をして、知床を目ざすと、必ず通るのが川北(かわきた=標津町川北)。
(ルートに関しては「中標津空港から世界遺産・知床羅臼への最短絶景ルート」を参照)
平成元年4月にJR標津線が廃止されるまでは、川北駅があり、さらにその昔には、川北から古多糠(こたぬか)へ殖民軌道忠類線が分岐していました。そんな川北駅前、道道774号(川北中標津線)沿いに店を構えるのが老舗の「菓子処滝本菓子舗」です。

外観はお世辞にもお洒落とはいえません。取材時にも何年、いやいや十数年にわたって何度も何度も店の前を通過していたのに、さほど気にならない存在でした。
ところがどっこい、近年、地元の標津町はもちろん、世界遺産・知床羅臼にもこの「菓子処滝本菓子舗」の噂が届くようになったのです。店名を覚えていなくても、この話をすれば、羅臼の女性、とくに若い人なら、「ああ、川北の店ね」とすぐにピンとくるはずです。
どういうことかといえば、平成15年に2代目が店を継ぎ、せっせせっせと新製品を繰り出しているから。「和菓子、洋菓子の店3店舗で修行した」というパティシエ・滝本勇さんです。

滝本菓子舗

これまでに繰り出した新製品は、パッケージに国後島からの日の出をデザインした「しれとこ標津焼きショコラ」、道内産の素材にこだわった「生キャラメル」、そして「白いプリン」。
「白いプリン」は、中標津牛乳をふんだんに使用。さらに生クリーム、クリームチーズで滑らかさを醸し出しています。
「混ぜれば混ぜるほどトロトロの食感に」という技ありの品。平成18年6月に誕生した商品なので、平成28年に10年を迎えるロングセラー商品になっています。

201508160903

菓子処滝本菓子舗 DATA

菓子処滝本菓子舗
〒086-1451北海道標津郡標津町川北60-11
TEL0153-85-2213< 8:30~19:00(日曜は9:00~18:30)/年末年始休

菓子処 滝本菓子舗

2017.06.08

標津線川北駅跡(キハ22形気動車)

2017.06.07

中標津空港から世界遺産・知床羅臼への最短絶景ルート

2015.08.13

 

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!