温泉達人・飯出敏夫さんの選ぶ「知床おすすめ温泉BEST5」

テレビ朝日『秘湯ロマン』を監修し、自らも出演、さらに雑誌(月刊の旅行雑誌『旅の手帖』で「絶景!温泉」を連載)などでも旅行記を記す温泉達人の飯出敏夫さんの知床取材に同行し、達人にBEST5を選定してもらいました。なお、薫別川にある薫別温泉(くんべつおんせん)、標津町山中に湧く川北温泉は、アプローチの林道が不通のため今回の選考対象からは除外しています。

第1位 カムイワッカ湯の滝

滝壺が露天風呂というワイルドな秘湯で、ウトロにある知床五湖からダートを走った山中に湧きます(シーズンにはマイカー規制があります)。 残念ながら落石の危険などで現在一の滝までしか行けないながらも1位を獲得。その理由とは? 「やはり、知床に来たなら、温泉好きの行きたい場所のトップでしょう。知床の聖地ともいえる温泉に、まずは入りたいですから。一の滝は温泉プールのような湯温ですが、温泉好きにはなんともない。おすすめです」
 
■関連記事 人気ナンバーワンの「カムイワッカ湯の滝」
 

第2位 セセキ温泉

201508120601
セセキ温泉は羅臼の海岸に湧く秘湯で、満潮時には海に没するという海中温泉です。 晴れた日には国後島を眺めながら露天風呂に入れますが、脱衣所も何もないという開放的なロケーション。入るにはかなりの勇気が必要です。
 
それでも2位だという理由は? 「知床らしい、羅臼らしいワイルドな温泉で、相泊温泉とともに地元の漁業者が管理しているのも素晴らしい。昆布漁で冷えたからだを温めるためという管理の理由も『羅臼昆布』で有名な羅臼らしいところ。漁師町・羅臼を代表する温泉といえるでしょう」
 
■関連記事 世界遺産知床で一番ワイルドな海中温泉「セセキ温泉」
 

第3位 熊の湯露天風呂

熊の湯露天風呂
 
羅臼温泉に湧く公共の湯です。知床横断道路の羅臼側の入口部分、羅臼川の畔に脱衣所と露天風呂が男女別に整備されています。
羅臼を代表する公衆浴場ですが、選定の理由は? 「地元が管理する共同浴場で、熱めの硫黄泉が楽しめます。脱衣所がある共同湯としてはここがイチオシ。木々の緑を眺めながらロケーションも最高です。以前は水で薄めようものなら常連の漁師に怒鳴られましたが、最近では漁師も優しくなったようで、『熱かったら水で埋めろや』なんて話しかけてくれることも」

■関連記事 温泉達人のイチオシ共同湯は「熊の湯露天風呂」
 

第4位 岩尾別温泉露天風呂

地の涯露天風呂
知床連山の主峰で日本百名山にも選定の羅臼岳。そのウトロ側(斜里町)登山口にあるのが岩尾別温泉です。ホテル地の涯(ちのはて)の一軒宿ですが、そのホテルの駐車場から岩尾別側方面に下ったところに無料では入れる露天風呂があります。 選定の理由は? 「知床らしい秘湯ムードたっぷりの露天風呂です。カムイワッカの湯の滝に隠れて案外訪れる人が少ないのもおすすめの理由です」
 
■関連記事 秘境ムードたっぷりの「岩尾別温泉露天風呂」
 

第5位 知床グランドホテル北こぶし

知床グランドホテル北こぶし
ウトロ港に臨んで建つデラックスホテルが「知床グランドホテル北こぶし」。西館8階の展望大浴場と併設の露天風呂がBEST5入り。
その理由とは? 「文句なしの絶景温泉。できれば宿泊して夕日を眺めてもらいたいです。前夜は羅臼の『羅臼の宿まるみ』に泊まって国後島から昇る日の出を湯船で拝み、翌日知床峠を越えてウトロに入り、『知床グランドホテル北こぶし』に泊まってオホーツクに沈む夕日を眺める、ロマンチックでしょ!」
 
■関連記事 ウトロの絶景温泉「知床グランドホテル北こぶし」
 

 
温泉ソムリエ・板倉あつしさんの選ぶ「知床おすすめ温泉BEST5」はこちら 

 

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!